貸し会議室の利用目的は、会議を行うことだけではありません。ほかにもいろいろな使用目的があるのです。その1つが新人研修を行うことだと言えるでしょう。

■近くの貸し会議室を借りて新人研修
会社というのは研修を行うところではなく、仕事を行うところです。そのため、研修を行うことで、本来の業務を妨げてしまうこともあるでしょう。

社内が狭い場合や、音がうるさいなどいろいろな理由があります。そんな時に便利なのが貸し会議室なのですが、会社の近場に借りることで、移動する手間を省くこともできます。

貸し会議室は都会に存在していることが多いですし、都会には会社もたくさん存在しています。そのため、会社の近くに貸し会議室を借りて、新人研修に用いられることも多いと言えるでしょう。

新入社員の人数によって、貸し会議室の広さを変える必要があります。

■駅から近い場所が便利
新人研修を行うために貸し会議室を借りる場合には、やはりある程度大きな駅の近くが便利でよいでしょう。新人なので、まだ車を所持しておらず、移動するのが大変な人もいます。

このような人でも安心して研修を行うことができるように、比較的大きな駅の近くが便利なのです。しかも貸し会議室の多くが駅の近くになっているので、比較的簡単に場所を発見できるでしょう。

新人研修というのは、1日だけで終わるということは少なくなっています。数日間行う場合には、やはり通いやすい場所の方が新入社員も安心して通うことができるでしょう。

■毎回車で移動するのは面倒
企業によっては1度会社に出勤をして、それから社用車などで研修場所となっている貸し会議室まで移動することもあります。しかしそれでは面倒なので、便利な場所に借りて出勤させた方が効率的だと言えるでしょう。